イカが生まれた

先週あたりから今季成績の良いミミイカやギンオビイカの孵化が始まりつつあります!

今日はそんな様子を写真でご紹介いたします!

孵化が近づくと卵の中で踏ん張る様子が・・・

孵化が近づくと卵の中で踏ん張る様子が・・・

色素胞も強く出始めこちらまで力が入ります!

色素胞も強く出始めこちらまで力が入ります!

胴の一部が卵から飛びだし始め・・・

胴の一部が卵から飛びだし始め・・・

孵化の瞬間を迎えます(^ ^)

孵化の瞬間を迎えます(^ ^)

夏日!

蝦夷梅雨なんて言葉がありますが今年はそれらしい感じはありません。

いい天気の函館です。

気温も夏日で暑すぎない程よい感じに水温は17度にまで上昇しました!

今年はヒメイカの繁殖が大当たりでアマモ中に卵塊が産み付けられています。

ミミイカやギンオビイカ、ヤリイカの卵塊も多数あり孵化が待ち遠しい感じです。

海藻類は徐々に枯れ始めてきました。

先日そんな中、ホタテの稚貝が一粒アオサについているのを見つけいよいよ季節が移り変わってきているのを感じます。

ゴッコのチビは数がだいぶ減り見つけるのも一苦労ですがまだ観察できています!

枯れつつあるガラモ場には卵胎生のタナゴが出産を間近に控えてウロウロしています。

浅場で群れるウミタナゴ

浅場で群れるウミタナゴ

久しぶりの更新(^^;;

前回の更新からかなり間が空いてしまいました。

久米島ツアーに行ったり立て込んだ雑務をこなしたりと…

これからはコンスタントにUPしていくつもりです!

さて、最近の海はというと面白い。

浅場ではゴカイ類の産卵が始まったり(綺麗ですよ)アマモ場やガラモ場を使ったシワイカナゴの産卵が見られたりフサギンポが食欲旺盛にあちこちで発見できたり海面類に産卵するイソバテングの卵塊が綺麗だったりゴッコのチビがまだ至りスナビクニンが多く見つかったりギンオビイカの卵塊が孵化しそうだったり棘皮動物が繁殖最盛期だったりヒメイカが繁殖してたりヤリイカの卵塊も良かったりアマモの花が咲いてたりetc…です。

そんな中で今回紹介するのはシワイカナゴとイソバテングの卵です。

産みたての卵を固定するため必死なオス

産みたての卵を固定するため必死なオス

産み付けられカイメンからこぼれ落ちそうな卵塊も2日後にはカイメンに覆い隠されます

産み付けられカイメンからこぼれ落ちそうな卵塊も2日後にはカイメンに覆い隠されます

長潜りの末、日没が迫り今日のダイビングが終了します。

そして長潜りの末、日没が迫り今日のダイビングが終了します。

全国的な好天!

天気予報でも晴れマークが並ぶ日が続いていますね。

函館も陸海ともに良いコンディションです。

水中は冬から続く繁殖に稚魚たちが溢れています。

今日の写真は函館の海を代表するスターフィッシュ「GOKKO」ことホテイウオです。

個体数の多いこの海では3月上旬から観察され始めた仔魚稚魚たちがまだ観察できています。

サイズも大きくなり深場へ移動するものからほぼ生まれたてに近いサイズまでまだゴッコシーズンは続きます(^o^)/

大きくなった個体です!

大きくなった個体です!