いろいろ

GWも明けましたがこの季節は面白いので毎日潜っています。

魚卵系だと黄色いニジカジカやピンクのヒメフタスジカジカ、青いベロや金平糖のようなヤリガジの卵に砂粒そっくりのヤセカジカやキマダラヤセカジカの卵などが見られます。

ゴッコの稚魚はサイズのバリエーションもありロケーション含めてやはり楽しい!

ナメダンゴのチビたちもあちこちに出ています。

クラゲは例年より少ないけどサルシアモドキが美しい。

 

今年見つけた抱卵オスは素晴らしい!終盤ながらまだ繁殖は続いています

深海せいのクラゲですがこの季節限定で感圧できます。おすすめ!

とにかく周辺が色鮮やかなロケーションでした。うるさいくらい。

毎日毎日

潜ると必ずやって来る魚がいます。

居酒屋でもお馴染みのホッケです。

マクロレンズでチビゴッコを撮影していると一緒に横から覗き込んできます。

集中している時などは飛び上がるほど驚いたりします。

今日はワイドレンズホッケを撮ろうと待っているとライトを嫌っていつものようには近づいてきません。

そんなホッケですが改めて撮ってみると意外にというか美しい魚でした。

普段は開きになっている姿しか見たことがないと思いますが綺麗な魚です!

今日のゴッコ

うみたてのたまごを守る抱卵中の親ゴッコもまだ多く今年はハッチ狙えるかと思ったや先にミズダコに食べられてた場所もあったりと日々ドラマチックな水中です。

今日紹介するのはチビごっこでです。

よくゲストに「何を食べてるの?」と聞かれます。

なので動画と写真でご紹介します!引かないでね^ ^;

海藻の上には大好物の動物プランクトンがいっぱい!

不思議な卵

さて今日の写真はこの時期にしか観察できない美しい卵です。

この卵の持ち主はその名も「ベロ」。

名前が美しく感じませんが本体もそんなに美しい訳ではありません。

しかし!卵は美しい!

学名でBero elegansと美しい名前を持ちます。

春の「ダンゴ祭り」まだ少し空きがあります。

是非お越しくださいませ。

EZOクサウオ

今日は昨日見つけたエゾクサウオyg写真を撮ってきました。

去年ぶりだけどやはり魅力的。

個人的にはとても好きな被写体です!

 

透明感があるのでスヌートでも良い感じ!

芽生えたばかりのマコンブの上にとまっていますが透明感があり美しい!

ヤギウオ

この季節になると姿を表すのが前回もアップしたヤギウオです。

成魚はこんな感じクダヤガラよりも大きく動きは鈍い

今日もいたので再度写真を撮りました。
この種はカイメン類に産卵する事が知られてますが見つかるのはアマモ場だけ。
残念ながら産卵は見た事がありません。

こっちは稚魚GW過ぎくらいからアマモば周辺に出現します。
まだ下顎から伸びる髭もそれほど長くありません。

こっちは成魚の顔アップですが皮弁だけで稚魚と同じサイズあります!

トクビレ科の魚は姿形が個性的で大好物です!

少し集まってきた!

陸上の気温も上がり水温もつられるように少し上がり始めました。
この季節特有の霧も棚引き冬が過ぎ去ったことが確認できます。

生まれたてのチビもいますが少し大きくなったゴッコたちは海藻の上に集まりやすい場所があります。

エサが多い場所には1匹ではなく集まってきます。
これからもっともっと増えるはず!

 

そして恒例のアナダルスゴッコ!

毎年必ず撮ってしまうアナダルスゴッコ。
まだまだ飽きません、明日も撮りに行きます!

 

久しぶりに登場したヤギウオ成魚!

アマモ場でチビはよく見かけますが成魚はひさしぶりです!
下顎から伸びるお髭がチャームポイント