Reincarnation

今年もこの季節を迎えました。

アオサの仲間は大潮に合わせて繁殖します。

これを皮切りに春濁りの季節を迎えるわけです。

今日も透明は悪く1m先も見えないほどです。

写真を撮ると透明度の悪さの原因が見つかります。

それは多くのプランクトンです。

動物プランクトンや植物プランクトンまで無数に写真に写りこみます。

ネジ状だったり棒状だったり光っていたりろ一つ一つが美しい。

こんな函館の海に感じる春濁りは約一ヶ月間続きます。

この透明度の悪さは大いなる海の恵みでもあります。

こんな営みはこれまでの長い時間脈々と続いて来たに違いない。

早く繁殖するものやじんわりと数週に分けて繁殖するものまで様々ですが気泡と共にちぎれて水面に浮き上がり広く拡散しながらまた繁殖する。

桜の前のこの季節はまた来年も繰り返されます。

儚い命は再生のため

UTORO流氷Ⅱ

女満別空港の午後便にゲストを送迎し南下開始。

さすがに函館にはたどり着かず千歳に一泊です。

流氷のツアーはそのタイミングで見られる光景は違うと思いますが今回は恵まれました。

下見も兼ねて4日間潜水できましたがその都度違った魅力がありました。

思った以上に生物も豊富でしたが最も印象的だったのは「ケモクライン」です。

塩分濃度の異なる部分にはサーモクラインのような層が出来上がりとても不思議な景観が広がっていました。

淡水層と塩水層の間に現れるケモクライン。静かにその境目に入り込むと不思議な世界が広がります。

淡水層と塩水層の間では見え方が異なります。

淡水層で昆布は生きていけず色が抜け枯れ始めます。

その淡水層では海藻上などに氷ができ始めやがて浮き上がり流氷と一体化していきました。

クリオネは塩水層にのみ暮らし淡水層に触れると動きを止めて沈む。

UTORO流氷

久しぶりの更新にエリア外ですいません…

今、知床のウトロに来ています。

ツアーです。

前乗りしてフィールドをいろいろ見ています。

特徴的なのは氷→淡水→塩水のミルフィーユが出来ていることです。

この三層はいろいろな意味で重要なポイントになります。

淡水と塩水の入り混じる層はさまざまな魅力を提供してくれます。

今年も良い場所に!

今年もゴッコがやってきてます!

浅場にたどり着くには刺し網を乗り越えミズダコの狙われオオセグロカモメに突かれと数ある試練を乗り越えねばなりません。

だからこそ繁殖の様子を観察できることがよす素晴らしく感じます!

そして見やすく撮影しやすい場所ともなると数は限られます。

ゴッコ祭り(鍋)も開催されるほど漁獲高がある海だからこその繁殖風景です。

水深役2mで50日間観察できます!

今年の孵化はおそらく3/27日前後、今から楽しみです!

水深は1〜3mで卵保護します。しかし、アラスカでは20〜25mで多く観察されました。

岩の裏側に張り付くようにして卵保護します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は立春

昨日も今日も好天に恵まれ海は穏やか。

昨日立春を迎えましたが心なしか日差しも春めいて感じました(外気温2度だったけど^_^;)

そんな中、水中では梅の蕾を見つけました!

もちろん梅ではありません^_^;
ここから小さなクラゲたちが生まれて来ます。

南三陸の海

今日函館に戻ってきました!

ご報告はしたりしなかったりですが定期的に故郷の海(宮城)に潜っています。

この冬に関しては12月に続き2度目の撮影(調査)です。

特にこの冬は成果を感じたことがありました。

それは生物数の変化にあります。

店名にもなっているクチバシカジカの繁殖も増え昨年着底したと思われる若い個体も多く見られました。

それでも海の評価的にはピーク時の4割ほどかと思いますが^_^;

それでもやっとガイド可能と思われる海になりつつあると感じられました。

このことは私にとってとても重要なことです。

クチバシカジカの孵化の瞬間に出会えた事も久しぶりの出来事でした。

個体数も徐々に増え安定して観察できるようになってきました!

英名GruntSculpinこの魚だけは南三陸を潜るにあたり外せません。

数年ぶりに感じられたこの感覚は忘れられません。

と言う訳で来年の1月にレジャーとしてのダイビングを期間限定で開催しようと決めました。

期間は1月中旬から2月の上旬位までの週末限定です。

興味のある方はお問い合わせくださいませ。

gs@gruntsculpin.comまたは080-6006-1510まで。

函館と宮城、共通する「親潮の海」には心熱くさせられる魅力があります!

GOKKO

例年より遅れつつも今年もやってきた!

写真はGOKKOことホテイウオの成魚です。

国内ダンゴウオ科最大種なのでワイドで撮影できるダンゴウオってわけです。

まだ数は少ないものの順調に増えていくと思います。

冬に撮影すべき被写体たちが揃いつつあります!

写真はメスでお腹がパンパンです。間も無く繁殖に至るでしょう。