ちっさいイカ

台風の影響で今日は午前の一本でクローズ…

残念ですが明日はクローズいたします。

しかし、今年はどこも台風の影響受けまくっていますね。

そんな水中ではシケにも負けず繁殖を続けている生き物がいます。

世界中で最も小さなイカのヒメイカ類です。

世界で最も小さなイカを等倍撮影するとこんな感じです

でもってそんな小さなイカの子供ってどんな感じよ?ってお話になりますが以下の通りです。

その生まれたてのチビを撮影するとこうなっちゃいます。

今はそんなヒメイカの繁殖期です^ ^

これからまだまだ生まれて来ます!

ちび!

ことしもミミイカの一種の孵化が始まりました。

時折、孵化後のちびに出会いますが可愛いたりゃありゃしない!

砂地に寝転び撮影していると被写体の横から「ぷっ」と小さな墨が出て来ます^ ^

面白かったので急きょ開催!

「支笏湖+函館 Blooming Tour」とは開花の季節を迎えた水生植物「千歳梅花藻とアマモ」を中心に涼しい道内を巡る少人数に限ったツアーです。

募集人数は最小最高人数で2名でMAX4名のツアーです。

開催日時:8月1日(水)〜2日(木)の2日です。

詳細は上記問合せまでご遠慮なくお願いいたします。

狙いはもちろん開花とこの季節の生き物です。

「千歳バイカモ」は北方系の梅花藻で支笏湖では水中で開花させます。

支笏湖ではヒメマスやアメマス、エゾウグイにイトヨなどが観察できます。特にイトヨは営巣する姿が観察できています。

函館のアマモは8月中旬には花の季節を終えます。

函館の海ではホタテ稚貝がおすすめ!こんな感じは今が見頃です!

アマモが開花する傍らでヒメイカの繁殖も例年より遅めに始まりました!
今日も2本とも観察できてます!

 

梅雨空の海

グズつく天気続きです。

こんな季節にも楽しみがあります。

それは雨粒に紫陽花です(^ ^)

もっと激しく降る日にはコロコロと水面を転がる雨粒がみられます

梅雨時期に出始めるので水中の紫陽花のように感じています

気泡一粒

海産種子植物なので光合成し陸上では確認できない酸素の放出が眼で見えます。

水中で植物を観察できる事はダイビングの楽しさの一つと言えるでしょう。

詳細はガイド会ブログにUPしようと思っています。

イネ科に属する植物らしく慎ましい花です。開花すると花粉を飛ばします。

鼈甲白貝

国内に広く分布し珍しくもない生き物の一つがカサガイ。

こんな感じで岩肌にへばりつき実に地味にひっそりと過ごす巻貝の一種です。

しかし、侮ることができない瞬間があります。

やれば出来るとばかりに大きく背伸びした姿には普段の地味さとはかけ離れた魅力を感じます。

どうですか!?この伸び上がった姿!

これで終わらないのが繁殖期を迎えたこのカサガイの面白さです。

次の瞬間には「ドバーッ」と産卵です!

と、次の瞬間!
一気に卵を放出しました。
想像していなかった卵の色にも感激です(^。^)