6月の海

更新しない日々が続いています。 でも、潜っているし写真も撮っているのでこれからは少しアップしていく事にします。

今日紹介するのは最近の様子です。 例年のように浅場ではコンブを中心に大型褐藻類が繁茂しています。 個人的にはとても好きな季節なのでワイドレンズ中心に持っていく事が多い珍しいタイミングと言えます。


手のひらサイズ美しい個体でしたが一期一会の出会いでした。



大潮ごとに此奴らが繁殖中です。 ウニは食べるのは好きですがあまり増えてほしくないです…



キタユウレイクラゲは小型から大型まで様々なサイズが出現しています。 大きいものでは傘のサイズで30cmを超えます。



マクロも一枚。 今年のゴッコはいよいよ終盤ですね。


こんな感じの今です。 これからはチビホタテの季節を迎えます。 コロナの影響もあり少人数での受け入れえとなています。 興味のあるからはメール、電話、SNSなどでご連絡くださいませ。

GruntSculpin 佐藤長明

#エゾバフンウニ #カガミダイ #キタユウレイクラゲ #ゴッコ

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示