top of page

今年も出ました!

ホテイウオやナメダンゴsp.などダンゴウオ科の繁殖期に入り水中も楽しくなってきました。


今日はそんなサイズがあまりにも違うダンゴウオ科の2種をご紹介いたします。


何とも可愛らしいナメダンゴsp.も国内のダンゴウオ科で唯一食用とされるされるホテイウオことゴッコ(北海道の地方名)もどっちも魅力的です!




日本でもっと北に分布するムツサンゴに擬態して日々お腹が大きくなっていくメス。

オスも巣穴探しに忙しそうです。





深海より繁殖のためにやってくるゴッコ(ホテイウオ)は3年で制御になります。

オスは浅場に到着すると繁殖場所を求めてあちこちのゴロタ場を覗き込み場所を確認する様子が可愛い!

しかし、同じ横顔でも受けるインパクトの種類が違いますね^^






こっちはゴッコのメスです。

顔つきがオスよりも優しく何よりもお腹にたっぷりの卵が入っています。

メスはオスが確保した抱卵場所を探しマッチングを始めます。

閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page