昨日は立春

昨日も今日も好天に恵まれ海は穏やか。

昨日立春を迎えましたが心なしか日差しも春めいて感じました(外気温2度だったけど^_^;)

そんな中、水中では梅の蕾を見つけました!

もちろん梅ではありません^_^;
ここから小さなクラゲたちが生まれて来ます。

南三陸の海

今日函館に戻ってきました!

ご報告はしたりしなかったりですが定期的に故郷の海(宮城)に潜っています。

この冬に関しては12月に続き2度目の撮影(調査)です。

特にこの冬は成果を感じたことがありました。

それは生物数の変化にあります。

店名にもなっているクチバシカジカの繁殖も増え昨年着底したと思われる若い個体も多く見られました。

それでも海の評価的にはピーク時の4割ほどかと思いますが^_^;

それでもやっとガイド可能と思われる海になりつつあると感じられました。

このことは私にとってとても重要なことです。

クチバシカジカの孵化の瞬間に出会えた事も久しぶりの出来事でした。

個体数も徐々に増え安定して観察できるようになってきました!

英名GruntSculpinこの魚だけは南三陸を潜るにあたり外せません。

数年ぶりに感じられたこの感覚は忘れられません。

と言う訳で来年の1月にレジャーとしてのダイビングを期間限定で開催しようと決めました。

期間は1月中旬から2月の上旬位までの週末限定です。

興味のある方はお問い合わせくださいませ。

gs@gruntsculpin.comまたは080-6006-1510まで。

函館と宮城、共通する「親潮の海」には心熱くさせられる魅力があります!

GOKKO

例年より遅れつつも今年もやってきた!

写真はGOKKOことホテイウオの成魚です。

国内ダンゴウオ科最大種なのでワイドで撮影できるダンゴウオってわけです。

まだ数は少ないものの順調に増えていくと思います。

冬に撮影すべき被写体たちが揃いつつあります!

写真はメスでお腹がパンパンです。間も無く繁殖に至るでしょう。

水温下がらず…

今日現在でも水温が8度を下回らない。

何故なのか???潮流のせいが大きいのかもしれませんが定かではありません。

そのせいか例年なら姿を表すゴッコも未だ現れず(間も無くとは思いますが…)。

しかし、フサギンポやアキギンポ、ハナイトギンポにオニカジカetc…様々な繁殖が進んでいます!

最近目につくのはナメダンゴの仲間です。

お腹の大きくなったメスややや膨らみつつあるメスに抱卵を控えたオスなどです。

間も無く繁殖を始めると思います!

捕食行動が活発で日々お腹が膨らんでいきます。

魚の名前

北方系によく見る名前

・カムチャッカ〇〇・イボ〇〇・エゾ〇〇・オホーツク〇〇・カラフト〇〇・キタノ〇〇 etc…

など、さぶそうな名前や美しくない名前が妙に目立つ気がします。

写真の魚は「毛虫ギンポ」見た目も美しいのになぜか不釣り合いな名前が付いてる。

まあ、いいと言えばいいのですがブリーフィング時に「え〜っと、これから見にいく魚はケムシギンポといい…」この時点でゲストの興味を引くことは稀です。

命名はもっと見る側の気持ちも汲んでほしいものです^_^;

間も無く繁殖期を迎える。タウエガジ科でフサギンポなどの仲間になります。写真の個体は8cmほどのメスです。

 

増加中!

今日は久しぶりにカメラを持った(^o^)/

微増ではありますが潜る度にダンゴの個体数が増えてきました!

それと同時にミズダコも増加中(^^;

ナミは早速襲われていました(すかさず救出しましたが)。

赤がベーシックな体色です。

赤がベーシックな体色です。

今年も現れました!

例年より水温は早めに下がり今日で9度台です^^;

しかし、そのおかげで昨日よりナメダンゴ属sp.が出始めました!

まだ個体数は少ないですが季節は巡り嬉しい出現にご機嫌です(^ ^)

今年はどれくらいの数やカラバリが観察できるか楽しみです!

今年はどれくらいの数やカラバリが観察できるか楽しみです!