今年も良い場所に!

今年もゴッコがやってきてます!

浅場にたどり着くには刺し網を乗り越えミズダコの狙われオオセグロカモメに突かれと数ある試練を乗り越えねばなりません。

だからこそ繁殖の様子を観察できることがよす素晴らしく感じます!

そして見やすく撮影しやすい場所ともなると数は限られます。

ゴッコ祭り(鍋)も開催されるほど漁獲高がある海だからこその繁殖風景です。

水深役2mで50日間観察できます!

今年の孵化はおそらく3/27日前後、今から楽しみです!

水深は1〜3mで卵保護します。しかし、アラスカでは20〜25mで多く観察されました。

岩の裏側に張り付くようにして卵保護します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GOKKO

例年より遅れつつも今年もやってきた!

写真はGOKKOことホテイウオの成魚です。

国内ダンゴウオ科最大種なのでワイドで撮影できるダンゴウオってわけです。

まだ数は少ないものの順調に増えていくと思います。

冬に撮影すべき被写体たちが揃いつつあります!

写真はメスでお腹がパンパンです。間も無く繁殖に至るでしょう。

全国的な好天!

天気予報でも晴れマークが並ぶ日が続いていますね。

函館も陸海ともに良いコンディションです。

水中は冬から続く繁殖に稚魚たちが溢れています。

今日の写真は函館の海を代表するスターフィッシュ「GOKKO」ことホテイウオです。

個体数の多いこの海では3月上旬から観察され始めた仔魚稚魚たちがまだ観察できています。

サイズも大きくなり深場へ移動するものからほぼ生まれたてに近いサイズまでまだゴッコシーズンは続きます(^o^)/

大きくなった個体です!

大きくなった個体です!

GWも無事終了!

GW期間中にお越しいただきました皆様、ありがとうございます!

昨日は海をお休みしましたが今日から再始動です。

フィールドは例年より少し早めに季節が推移しているように感じます。

それも水温が下げ止まらなかったことが起因しているように感じます。

イカナゴの群れが早くもやってきたりトンガリギンポも繁殖のため姿を現し始めました。

また、今年はヒメフタスジカジカの繁殖も順調です。

ヤギウオの稚魚も姿を現しクダヤガラも繁殖期を迎えました。

峠のエゾヤマザクラも終わりを迎え新緑がますます濃くなりつつあるウスジリです。

ゴッコの稚魚も模様が消えつつある個体が目立ってきました。

ゴッコの稚魚も模様が消えつつある個体が目立ってきました。

花より…

ここ最近ネタが豊富でありがたみの減った感があるゴッコです。

それでも個体数が多いと言うことはロケーションやカラバリも豊富で改めて撮るとやぱり楽しい(^ ^)

そんな訳でこの季節、花見もいいけどゴッコかな!

真剣に探せばワンダイブで100個体も見つかる勢いです。

真剣に探せばワンダイブで100個体も見つかる勢いです。

生まれたて〜

今日は西風強く神社前です。

東のポイントは久しぶりに入りましたが水温のせいか?幾分春濁りが始まった気配。

大型褐藻類も丈を伸ばし始めているもののワイドで撮るほどには至っていません。

そんなコンブやワカメの上には生まれたてのゴッコygがペタペタくっ付いています。

ガラのやつもかわいいけどこんなチビも好みです(^o^)

生まれてか経過していても2〜3日しか経っていないチビ達が見つかります。

生まれてか経過していても2〜3日しか経っていないチビ達が見つかります。

最盛期到来!

今日も虹!しかし、天気はめまぐるしく変化する強風の1日です。

潜水には影響なく今日も潜っています。

もちろんメインはゴッコの抱卵です。

巣穴を探すオスやはち切れんばかりにお腹が膨れたメスに抱卵を終えお腹がぺしゃんこになったメスまで様々なシーンに出会うことができます。

また、水底ではオニカジカの卵塊からパラパラと孵化始めました。

海藻類も徐々に増え始め1年で最も忙しい季節を予感せずにはいられません。

地方名:ゴッコ この個体は2つの卵塊を守っています。フィールド全体では10数か所で卵保護中です。

地方名:ゴッコ
この個体は2つの卵塊を守っています。フィールド全体では10数か所で卵保護中です。

大当たり!

今月中旬から週末寒波が多くご予約いただきましたゲストにはご迷惑お掛けっぱなしです…
いやはや何ともできません。
しかし、潜れる日に入ってみるといたるところでゴッコ(ホテイウオ)が卵保護しています。
これから卵保護をはじめるものや既に発眼しているものまで様々です。
この調子なら今年はすごい稚魚数になるでしょう。
妄想を膨らましながら過ごしています。

6H1A3250
抱卵場所を探しに浅場へ向かうオスの個体です。