行ってきました!

海の日からの4連休は湖で2日間と函館の海で2日間を過ごしました。

この季節、道内の淡水エリアでは「千歳梅花藻」が咲き誇ります。

そしてその周辺ではイトヨやヌマチチブやヨシノボリなどが繁殖期を迎えています。

また函館の海ではホタテの稚貝が多く見られマクロですごく楽しめます!

コロナの事もあり告知もなく道内の方中心の小さなツアーでした。

これからも影響があるうち当分は告知のない小さなツアーで開催します。

興味のある方は個別にご連絡いただければ楽しい小さなツアーのご案内もさせていただきます。

 

「チトセバイカモ」水中で本当にはかない小さな花を咲かせています。

草丈の短いタイプもいます。川とは違いほとんど流れが無いためスックとタチアガて開花します。

ヌマチチブは孵化の時を迎えていました!

ヒロハノエビモはその先端から光合成で作られた小さな酸素を放出していました!

海藻に鈴なりにぶら下がりパクパクする様子は非常に可愛い!

この季節はホタテと〇〇コラボも楽しめます。
写真のようにスナビクニンだったりムツトゲモエビにウミウシ類などです。

面白かったので急きょ開催!

「支笏湖+函館 Blooming Tour」とは開花の季節を迎えた水生植物「千歳梅花藻とアマモ」を中心に涼しい道内を巡る少人数に限ったツアーです。

募集人数は最小最高人数で2名でMAX4名のツアーです。

開催日時:8月1日(水)〜2日(木)の2日です。

詳細は上記問合せまでご遠慮なくお願いいたします。

狙いはもちろん開花とこの季節の生き物です。

「千歳バイカモ」は北方系の梅花藻で支笏湖では水中で開花させます。

支笏湖ではヒメマスやアメマス、エゾウグイにイトヨなどが観察できます。特にイトヨは営巣する姿が観察できています。

函館のアマモは8月中旬には花の季節を終えます。

函館の海ではホタテ稚貝がおすすめ!こんな感じは今が見頃です!

アマモが開花する傍らでヒメイカの繁殖も例年より遅めに始まりました!
今日も2本とも観察できてます!