ひと段落…

第二回「つよカップ」なる謎めいたイベントも無事終了しました!

ご参加頂きました皆様、ありがとうございます!

そんなこんなしている間にログはどんどん更新されずに日々は過ぎ去って行きました^_^;

でも本気で反省しているのでなるべくマメに更新を続けていこうと心に軽く?思っています。

さて、アイナメやその仲間の繁殖は日々激しくなって行きます。

アイナメも早いものでは発眼しあと10日前後で孵化しそうです。

紅葉もピークを迎え水中も盛り上がりを見せてきました(^ ^)

他のオスや卵塊を狙う外敵を目敏く見つけ保護し続けています!

他のオスや卵塊を狙う外敵を目敏く見つけ保護し続けています!

卵塊はスガモとオス親に守られ成長しています。

卵塊はスガモとオス親に守られ成長しています。

 

 

 

 

 

 

 

しつこく魚卵

日付:2013/10/15
ポイント名:函館 臼尻 神社前
天気:晴れ
気温:15度~18度
透明度:10m
水温:18.0度

徐々にアイナメたちの卵保護がヒートアップしてきました!
すでに卵保護を始めていたクジメやスジアイナメは孵化を終えているものも多くいますが真新しい卵塊もあるなど繁殖期は3種で熱くなっています。
今日もガイド中孵化し続けるクジメを見てきました。
西向きの風の日も多くなりはじめ山は色付きはじめ水中はは確実に面白さを増しています。

20131013-_DSC7376

アイナメ(地方名:アブラコ)の卵塊はメスごとに色が違い何度見ても美しい!