キタキタ!

「今年は来ないか…」とマリンダイビングフェアへ出かける前に落胆していましたが帰ってきてみると大挙していました(^^)

今日は抱卵まで開始していたりと好きな被写体が増えるこの季節はワイドにマクロに大忙しです❗️

ツツジの頃

今朝のニュースで「各地梅雨入り」…

早いなーっとしみじみ感じつつ今日も海へ。

どこの海も同様かもしれませんがここ函館も年間で最も生物数が増える季節です。

時間とエアーと体力が許せば上がって来たくないほど楽しい。

写真は昨日のものをUPします。

今年は当たり年なのか個体数がやたら多く見られます。

楽しいトリオ^ ^
今日もいました。

産みたてあり孵化進行中ありで目が離せません。

Reincarnation

今年もこの季節を迎えました。

アオサの仲間は大潮に合わせて繁殖します。

これを皮切りに春濁りの季節を迎えるわけです。

今日も透明は悪く1m先も見えないほどです。

写真を撮ると透明度の悪さの原因が見つかります。

それは多くのプランクトンです。

動物プランクトンや植物プランクトンまで無数に写真に写りこみます。

ネジ状だったり棒状だったり光っていたりろ一つ一つが美しい。

こんな函館の海に感じる春濁りは約一ヶ月間続きます。

この透明度の悪さは大いなる海の恵みでもあります。

こんな営みはこれまでの長い時間脈々と続いて来たに違いない。

早く繁殖するものやじんわりと数週に分けて繁殖するものまで様々ですが気泡と共にちぎれて水面に浮き上がり広く拡散しながらまた繁殖する。

桜の前のこの季節はまた来年も繰り返されます。

儚い命は再生のため

UTORO流氷

久しぶりの更新にエリア外ですいません…

今、知床のウトロに来ています。

ツアーです。

前乗りしてフィールドをいろいろ見ています。

特徴的なのは氷→淡水→塩水のミルフィーユが出来ていることです。

この三層はいろいろな意味で重要なポイントになります。

淡水と塩水の入り混じる層はさまざまな魅力を提供してくれます。

晴天べた凪

昨日今日と良い天気(^ ^)

海況にも恵まれました。

残念ながら明日の天気は雨予報…

臼尻名産の真昆布です。まだ生えたての頃は透明感もあり美しいです。

臼尻名産の真昆布です。まだ生えたての頃は透明感もあり美しいです。

ゴッコ始めました!

昨年より水温が下がらないためかもう孵化が始まった!

約3週間も早いのではないでしょうか?

個体数はまだまだ少ないものの抱卵場所は2確認しているだけでも20か所に届く勢い!

今年もGWにあわせてやってくるゴッコ祭りが楽しみです(^ ^)

数は少ないものの今年は早くも出始めました!

数は少ないものの今年は早くも出始めました!

まだ眼が出来たばかりの卵塊も多数あります!

まだ眼が出来たばかりの卵塊も多数あります!

春の気配!?

水温が下がりません。

例年通りなら2度ほどになるはずが今年は5.3度から動かず…

潜りやすい事はいいことですがやはり水中にも異変を感じます。

この時期にしてヒメイカが出たりマボヤがググッと増えたりしてます。

また、時化であらわになった岩礁域には珪藻類が大量発生中で岩肌を占拠しています。

そんな中でもゴッコは健在です。

深場からやってくる数はかなり減りましたが抱卵が昨年に引き続きとても良い(^ ^)

浅場のゴロタにはガラモも繁茂しいい感じです。

通りの木々も枝先が色付き始め春の気配を感じつつあります!

お腹の大きなメスゴッコが上がってきているので抱卵シーンはまだまだ続きそうです!

お腹の大きなメスゴッコが上がってきているので抱卵シーンはまだまだ続きそうです!