美しい巻貝

大型褐藻を見てみるとこの時期に多く観察できる巻貝がたくさん見つかります。

シタダミガイが美しく輝いています。

この季節、海藻類の上にはホタテの稚貝やこんな綺麗な巻貝までも観察できます。

なんてレンズだ!

フィッシュアイから間も無く発売されるSMC-2です。

間も無く発売される驚異のクローズアップレンズです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日2度目の撮影をして見ましたがその倍率たるや驚きです!(3.6倍くらい?)

普通外付けでこの倍率ならファインダー越しのピントの山が見えにくくなりそうなものですがそれが無い…

シャープな見え心地に驚くばかりです。

被写体もこの季節ならではのコラボにワクワクしましたが2カットしか撮らせてもらえませんでした(^^;

この季節に観察できる個体としては極小サイズ!

カラフトシマモエビ

タイトルの通り北方系エビです。

赤青のストライプに黄色がアクセントになる綺麗なエビですが普段はちょこまか撮りにくい。

しかし生まれて間もない1〜2cmの個体は親と比べると結構撮らせてくれます。

そんなサイズが現れるのが例年今頃です。

個体によりもっと青が強かったり赤が強かったりします。

日々観察!

相変わらず久しぶりの更新です。

早速ですが、ヒメイカが熱いです。

毎日毎日繁殖行動が観察できます。

今がチャンス!!!

越冬個体が繁殖期真っ盛り!今なら撮れます!

ヒメイカの季節 間も無く到来

ドタバタでした。。。

ひと段落なので久しぶりの更新です。

卵の季節も忙しさとともにひと段落(頭足類以外)です。

さて個人的な興味は頭足類へと移行中です。

今回ご紹介するのはヒメイカです。

全国各地で観察できますが今年の函館は当たりです。

とても個体数が多いです。

なぜ多いのか?ですが答えはシンプルで水温が下がりきらなかったため越冬したからです。

そこら中で見られる個体たちは繁殖期を迎えつつあります。

アマモも花を咲かせそこにたむろするイカたちの胴の中には精莢が成熟し始めました!

間も無く始まる繁殖期が楽しみです٩( ᐛ )و

当たり年の今年はヒメイカがあつい!

GW終了も・・・

期間中お越し頂きました皆さま、ありがとうございました(^^)/

海況にも恵まれ連日楽しかったですね。

連休は終了するも楽しい季節は続きます!

久しぶりに取りやすい場所です!
青い卵は撮影で一筋縄にはいきません!

カジカの仲間の多くはオスが卵保護します。
日々増える卵塊には見るたびにワクワクします!

峠の緑も日々鮮やかさを増しそれに比例しテンションも上がる毎日です!

今年も良い場所に!

今年もゴッコがやってきてます!

浅場にたどり着くには刺し網を乗り越えミズダコの狙われオオセグロカモメに突かれと数ある試練を乗り越えねばなりません。

だからこそ繁殖の様子を観察できることがよす素晴らしく感じます!

そして見やすく撮影しやすい場所ともなると数は限られます。

ゴッコ祭り(鍋)も開催されるほど漁獲高がある海だからこその繁殖風景です。

水深役2mで50日間観察できます!

今年の孵化はおそらく3/27日前後、今から楽しみです!

水深は1〜3mで卵保護します。しかし、アラスカでは20〜25mで多く観察されました。

岩の裏側に張り付くようにして卵保護します。