さすが大潮

今日もぼっち潜りしてきたのでご報告です。

昨日に引き続き大潮だけあり様々は中層の生き物に出会えました。

中でも久しぶりに見たのがこれダルマハダカカメガイです。

また写真で紹介するのは先日もアップしたケムシギンポとウミノミです!

5mmくらいなんです
相変わらず小すぎて撮影は困難です

ジェリーフィッシュライダーは見つかりませんでしたがある意味でジェリーフィッシュライダーなウミノミは数個体出てました

驚いたのは中層にいたことです
このサイズならほぼほぼ着底しているはずですが・・・

4日ぶりの海

目の前に住んでいながらシケに指をくわえた3日間。

なんとも焦ったい限りでしたが今日もさほど海況には恵まれませんでした…

それでも潜れただけマシです!

今日は写真よりもフィールドの状況チェック的な潜りかたでした。

ヒメフタスジカジカの抱卵やナガヅカの抱卵、ヤセカジカの抱卵にゴッコの抱卵。

数も増えたシワイカナゴの抱卵にまだ見つけていないベロやヤリガジ、ムスジガジ!

本当に夢中になります。

こんな時になんですが海の状況をご紹介していくのがガイドのお仕事と思っていただきバーチャルにでも楽しんでいただければと思います。

明日明後日はブログ更新をお休み致します。

週明けからまたブログ更新を続けていきます!

ごっこのこっこ

生まれたてのちびから正露丸サイズ?までフィールドのあちこちで観察出来ています。

今日までシケだー

おととい、昨日今日と3連ちゃんで海はクローズ。。。

それなりにやらないといけないこともあるので良いのだけれど。。。

せっかく続いてる更新なのでフレッシュな情報をお届けしたかった。

今日の写真はシケ前に撮ったシワイカナゴの卵塊です。

ガラモは減りましたがそれでも繁殖スタート!

もう少しするとアマ藻場でも観察できる様になるでしょう!

産み付けるときには枝分かれしている部分を選び蘭会がズレないようになっている。えらい!すごい?

ケムシギンポ

なんとも可哀想な美しくない名前の魚がいます。

個体数も少なくなかなか見る機会の少ない魚です。

しかしオスは気に入った場所から動く事がないので比較的長く観察できます。

一番長く観察できているもので6年連続して観察出来ています!

冬に繁殖期を迎えますが今は孵化した仔魚が観察でき始めました。

抱卵中のオスです

昨日撮影した仔魚ですがアマ藻場をチョロチョロ泳ぎ回ります

着底して少しすると皮弁が伸びてきます!

さらに長く伸びてきました!

成魚でもメスはオスより優しい顔をしています。