季節外れの

Pocket

MDフェアや「ガイドとペンキ屋と浮遊系の会」の無事終了し今日からホームゲレンデで潜り始めました。
イベント出発前に始まっていた春濁りはあと1〜2週間ほどで終了予定ですがまだまだプランクトン類は濃いったらありゃしない。
透明度の悪い中、眼を凝らせば多くの眼で認識できるプランクトン類や稚魚・仔魚観察できます。
そんな中でもお気に入りはサイトクビレの仔魚です。
黄色いエッジの胸びれが美しく泳いでは休みの繰り返しです。
多くのプランクトンが舞う中で泳ぐ姿を撮影すれば吹雪の中を泳いでいるような美しさがあります。

20150410-20150410-_DSC3943